Sapporo division of Cosmo Bio Co Ltd. コスモ・バイオ株式会社 札幌事業部
会社概要
セルアッセイのお問合わせはコチラ
トップページ > 生理的環境下でのインスリンシグナル  
機能評価事業:食品成分などの機能性評価。細胞動画撮影
生理的環境下でのインスリンシグナル
札幌事業部で使用する腸間膜内臓脂肪細胞(VAC01、VACH2、MAD01)は、脂肪成分を添加することで脂肪滴の肥大化が引き起こされます。
 
脂肪成分の添加により脂肪滴が肥大化する
A: 腸間膜内臓脂肪細胞(Interafat:-)
B: 腸間膜内臓脂肪細胞(Interafat:+)
培養5日目から2日間、1%のIntrafat(脂肪成分)を添加した。
(Intrafat Injection 20%, Nippon Pharmaceutical Co., Ltd., Tokyo, Japan)
 
培地中のインスリンは生理的濃度 注3
従来の培養方法ではインスリン濃度が数μg/mL の高濃度であったが、新たな培養方法では常に数ng/mL 以下の生理的な濃度での培養が可能となりました。
この新規培養法を用いることで、生体内で起こり得る通常状態(0.85ng〜3ng/mL)から高濃度インスリン状態(50ng/mL以上)までを反映した試験系での評価が可能になりました。
 
皮下・精巣上体周囲脂肪細胞との比較分析も
同一個体群より採取した皮下および精巣上体周囲脂肪細胞も、上記培地を用いての培養が可能ですので、同条件下で培養した皮下・精巣上体周囲脂肪細胞及び腸間膜内臓脂肪細胞の比較評価に、ぜひご活用ください。
 
解析実施例
処理条件の設定
培養・処理条件などについて、ご相談させて頂きます。
ウェスタンブロッティングによるインスリン受容体の発現確認
お客様よりご提供頂いた抗体での解析も可能です。
1: コントロール
2: 薬物A
3: 薬物B
 
 
腸間膜内臓脂肪細胞とは?
腸管から吸収された栄養成分は、門脈やリンパ管を通って肝臓へ運ばれ、全身組織に分配されます。門脈、リンパ管が分布する腸間膜には、年齢と共に脂肪組織が増生しますが、近年この腸間膜内臓脂肪の過剰蓄積が、糖尿病、高脂血症、動脈硬化等の生活習慣病を引き起こすことが検証されています。腸間膜内臓脂肪細胞の性質について知ることは、これらの生活習慣病の病態像を理解するうえで重要な位置を占めています。
 
セルアッセイ事業とは
  主な試験例 (1)脂肪蓄積抑制・肥満予防
    (2)脂肪分解・脂肪燃焼
    (3)生理的環境下でのインスリンシグナル
    (4)細胞動画撮影
腸内環境改善研究サポート
涙液分析サービス
セルアッセイのプロセス
   
       
細胞製造・販売事業:高品質初代培養細胞ならび関連製品  
       
  Copyright COSMO BIO co.,ltd. All rights reserved.