Sapporo division of Cosmo Bio Co Ltd. コスモ・バイオ株式会社 札幌事業部
会社概要
お問合わせはコチラ
トップページ > マクロファージ関連 > シュワン細胞株(Schwann Cell Line)
細胞製造・販売 - 高品質初代培養細胞ならびに関連製品 -
マクロファージ関連
シュワン細胞株(Schwann Cell Line)
シュワン細胞とは、末梢神経の軸索を取り囲む髄鞘を形成・維持する細胞であるとともに、運動・感覚ニューロンの維持に重要なサイトカイン等を産生しています。加えて近年、神経損傷後の軸索再生過程において、シュワン細胞が軸索の誘導や修復等に主要な役割を担っていることが明らかとなってきました。また、シュワン細胞の異常は筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因因子として注目されています。マウスシュワン細胞株IMS32は、成熟ICRマウスの後根神経節及び末梢神経組織より樹立された不死化細胞株で、シュワン細胞の各種マーカー及び神経細胞の神経突起伸長の促進等、成熟シュワンの生理・生化学的特徴の多くを有しています。神経再生や脱髄疾患等、神経研究にご活用ください。

ラットシュワン細胞株IFRS1は、S100及びGFAP等のグリア細胞タンパクを発現し、開発者の東京都医学総合研究所 三五 一憲・渡部 和彦 先生の研究では、PC12やDRGニューロンとの共培養系により、髄鞘形成能1),2)が確認されています。株化細胞を使った髄鞘形成は他に例がなく、神経変性疾患や軸索再生へのシュワン細胞の機能を解析する有用なツールとして、ぜひご活用下さい。

1)Sango K, Yanagisawa H, Kawakami E, et al. Spontaneously
immortalized Schwann cells from adult Fischer rat as a valuable
tool for exploring neuron-Schwann cell interactions. J Neurosci
Res 2011;89:898-908.

2)Sango K, Kawakami E, Yanagisawa H, et al. Myelination in
coculture of established neuronal and Schwann cell lines.
Histochem Cell Biol 2012;137:829-839.

3)Sango, Kazunori, et al. "Immortalized adult rodent Schwann cells as in vitro models to study diabetic neuropathy." Experimental diabetes research 2011

抗p75抗体蛍光染色
抗p75抗体蛍光染色
(緑:p75,青:核染)
抗S100抗体蛍光染色
抗S100抗体蛍光染色
(緑:S100,青:核染)
位相差顕微鏡画像
位相差顕微鏡画像
凍結細胞
凍結細胞は細胞と培地が単品販売となりました。細胞は専用培地とセットでご使用ください。
品番 品名 動物 週齢 組織 容量 価格 専用培地
新発売
SWN-IMS32C
凍結細胞
マウスシュワン
細胞株(IMS32)
ICR
マウス
- 脊髄後根神経節及び末梢神経 5x105cells / vial 1本 ¥60,000 SWNMM
新発売
SWN-IFRS1C
凍結細胞
ラットシュワン
細胞株(IFRS1)
F344
ラット
- 5x105cells / vial 1本 ¥50,000 SWNMR
SWN-IMS32Cのマニュアルはこちら SWN-IFRS1Cのマニュアルはこちら
本製品に関し、公益財団法人東京都医学総合研究所とのライセンス契約に基づき、自己の研究目的にのみ使用し、細胞の第三者への提供(分配、貸与、譲渡、使用許可等)を禁止します。
細胞はマイコプラズマ陰性確認、p75, S100陽性確認済み
お受け取り後 凍結細胞を直ちにご使用にならない場合は液体窒素(または-70℃以下)にて保存してください。
専用培地
製品名 品番 容量 価格
マウスシュワン細胞株(IMS32)用メディウム SWNMM 500 mL ¥27,500
ラットシュワン細胞株(IFRS1)用メディウム SWNMR 250 mL ¥32,000
旧製品

凍結細胞は細胞と培地が単品販売となりました。

製品名 品番 由来 容量 価格
マウスシュワン細胞株IMS32培養キット
凍結細胞
SWN-IMS32 ICRマウス 凍結細胞 5×105 cells 1 本 販売終了
培養メディウム 500 mL 1 本
マニュアルはこちら
FAQ(よくある質問と答え)
Q. 一度凍結融解した細胞は、再凍結できますか?
A. 一度融解した細胞の再凍結は避けてください。
ハーフサイズ(1.5x106cellsx2本 品番VACH2C)をお勧めします。
Q. 内臓脂肪細胞と培地の有効期限は?
A. 凍結細胞の有効期限は-80℃凍結で1年間です。
培養用メディウムは-20℃凍結で6ヶ月間、-80℃凍結で1年間有効です。
 
初代ミクログリア
株化ミクログリア
アストロサイト
骨髄単球培養キット
破骨細胞培養キット
TAMRA-β-amyloid(1-42)
マクロキラー
マクロファージ関連全リスト
脂肪組織関連 骨・軟骨・歯関連 膵臓関連
肝機能関連 筋組織関連 循環器関連
マクロファージ関連 皮膚関連 腫瘍細胞株関連
間葉系幹細胞 老化/糖化関連キット <特徴と用途> 細胞輸送
その他ツール  
       
 
輸入細胞販売事業
 
       
 
セルアッセイ事業:創薬支援。食品成分の機能性評価。細胞動画撮影
 
     
       
  Copyright COSMO BIO co.,ltd. All rights reserved.