Sapporo division of Cosmo Bio Co Ltd. コスモ・バイオ株式会社 札幌事業部
会社概要
お問合わせはコチラ
トップページ > 循環器関連 > 心筋細胞培養キット  
心筋細胞培養キット 【Cardiomyocyte Culture kit】

 ラット心筋細胞
   赤色:Cardiac Troponin1
   青色:核
心臓は、律動的に収縮し、循環器系へ血液を送り出す筋性の器官で、生体の心筋細胞は重層した状態で常時収縮と弛緩を繰り返しながら拍動しています。
胎児16〜18日齢マウス心臓もしくは生後1〜4日齢ラット心室をコラゲナーゼ処理して得られた細胞群からdifferential adhesion 法(培養皿への接着性の違いにより非心筋細胞を除去)により分離して得た初代心筋細胞を、成分調整済み専用培地と共に供給いたします。
 
 ラット心筋細胞(CMC02・なま細胞)動画はこちら

 マウス心筋細胞(CMC12・凍結細胞)動画はこちら
ラット心筋細胞の拍動と培地温度
 測定装置: 走査型電気化学顕微鏡

 ラット心筋細胞上に走査プローブをセットし、拍動に伴うZ方向の細胞の動きを様々な温度条件で測定しました。

測定された電流データの波形から、拍動回数や拍動に要する時間を解析できます。

培地温度を下げることで拍動回数が減少し、温度上昇とともに回復しました。

このデータはアッセイ中の温度管理がとても重要なことを示します。薬剤添加作業や培地交換等の作業時の温度低下を防止するためにはアルミブロック保温装置(HIENAI)等が有効です。

※これらのデータは、独立行政法人産業技術総合研究所の平野様よりご提供いただきました。
参考文献
Yu Hirano et al., Analysis of beat fluctuations and oxygen Consumption in cardiomyocytes by
scanning electrochemical microscopy, Anal Biochem. 2014 Feb 15;447:39-42
ラット心筋細胞内カルシウムイオンのイメージング
撮影ご協力: 株式会社ニコン
撮影装置: 共焦点レーザー顕微鏡システム A1R(株式会社ニコン社製)
2種類の蛍光色素で染色したラット心筋細胞
 ●赤色:Mito-tracker Red(ミトコンドリア用色素)
 ●緑色:Fluo-8 AM(カルシウムインジケーター)
 
動画はこちらです。Fluo-8の蛍光がウェーブ状に変化することが認められます。
 
カルシウムインジケーターであるFluo-8の蛍光強度を異なる2点(①、②)で測定しました (動画はこちら)。
下記は、青線が①、緑線が②での蛍光強度を示したグラフです。蛍光強度(カルシウム濃度)が一定のリズムで変化していることが明らかになりました。
培養細胞
品番 動物 週齢 組織 容量 価格
CMC01
培養細胞・非凍結細胞
SDラット 生後
1-4日
心臓
(心室)
心筋細胞 24Well Plate 2枚
培養用メディウム 250mL 1本
¥149,000
CMC02
培養細胞・非凍結細胞
心筋細胞(浮遊) 2.0x105cells/mL x 12mL 2本
培養用メディウム 250mL 1本
CMC03
培養細胞・非凍結細胞
心筋細胞(浮遊) 2.0x105cells/mL x 12mL 1本
培養用メディウム 125mL 1本
¥135,000
CMC11
培養細胞・非凍結細胞
ICRマウス 胎児
16〜18日齢
心臓
心筋細胞(浮遊) 2.3x105cells/mL x 12mL 1本
培養用メディウム 125mL 1本
¥205,000
凍結細胞
凍結細胞は細胞と培地が単品販売となりました。細胞は専用培地とセットでご使用ください。
品番 品名 動物 週齢 組織 容量 価格 専用培地 コーティング試薬
新発売
CMC12C
凍結細胞
マウス心筋細胞 ICRマウス 胎児16〜18日齢 心臓 2x106cells /vial 1本 ¥75,000 CMCM ※SFN01
※CMC12C細胞の培養には別売りのフィブロネクチンコート溶液(SFN01)が必要になります
ヒト由来初代培養細胞(海外メーカー別)はこちらをご覧ください
ScienCell research laboratories社製品 Cellular Engineering Technologies社製品 DV Biologics社製品
SDラット・ICRマウス以外の系統も可能です。こちらまでお問い合わせください
CMC01マニュアルはこちら CMC02マニュアルはこちら
CMC03マニュアルはこちら CMC11マニュアルはこちら
CMC12Cマニュアルはこちら  
本キットを使用した論文はこちら
心筋細胞の製品形態について
培養キットごとに心筋細胞の製品形態が異なっていますので、目的によって使い分けください。
品番 心筋細胞の製品形態
 CMC01 培養細胞(培養容器に接着している状態)20℃定温輸送
 CMC02, CMC03, CMC11 細胞懸濁液(培地に浮遊している状態)5℃定温輸送
 CMC12C

凍結細胞  ドライアイス輸送

専用培地・試薬
品番 品名 容量 価格
CMCM 心筋細胞用培養メディウム 500mL ¥27,500
新発売
SFN01
凍結細胞
フィブロネクチンコート溶液 12mL ¥5,000
●本製品は、心筋細胞培養キットに含まれる専用培地です。
●当製品に最適な成分調整を行った、血清入り培地です。
SFN01マニュアルはこちら
旧製品
凍結細胞は細胞と培地が単品販売となりました。
品番 動物 週齢 組織 容量 価格
CMC12
凍結細胞
ICRマウス 胎児
16〜18日齢
心臓
心筋細胞(凍結細胞) 2x106cells /vial 1本
培養用メディウム 125mL 1本
フィブロネクチン溶液 12mL 1本
販売終了
CMC12マニュアルはこちら
 
心筋細胞培養キット
血管内皮細胞培養キット
DNA定量キット
循環器関連全リスト
脂肪組織関連 骨・軟骨・歯関連 循環器関連
肝機能関連 筋組織関連 膵臓関連
皮膚関連 マクロファージ関連 動物がん細胞株関連
老化/糖化関連キット <特徴と用途> その他ツール
       
 
輸入細胞販売事業
 
       
 
セルアッセイ事業:創薬支援。食品成分の機能性評価。細胞動画撮影
 
         
   
       
  Copyright COSMO BIO co.,ltd. All rights reserved.