Primarycell division of Cosmo Bio Co Ltd. コスモ・バイオ株式会社プライマリーセル事業部
会社概要
お問合わせはコチラ
トップページ > 骨・軟骨・歯関連 > 骨芽細胞培養キット  
骨芽細胞培養キット 【Osteoblast from cranial bone Culture kit】
骨組織は、骨吸収と骨形成が絶えず代謝し骨のリモデリング(再構築)をおこなっています。 この骨形成は骨芽細胞が担っており、細胞外基質としてカルシウムを沈着させ、石灰化した骨基質が骨組織になることが知られています。
ラット骨芽細胞の写真 ラット骨芽細胞をアルカリフォスファターゼ染色 ラット骨芽細胞をアリザリン染色
ラット骨芽細胞 ラット骨芽細胞をアルカリホスファターゼ染色キットで染色 コンフルエントになったラット骨芽細胞を骨形成メディウムで28日間培養後、石灰化染色キットで染色(12wellプレートで培養)
コード 動物 週齢 組織 容量 価格
OBC01
培養細胞・非凍結細胞
SDラット 生後2-4日 未熟頭蓋骨
骨芽細胞 25cm2フラスコ 1個
培養用メディウム 500mL 1本
¥120,000
OBC02
凍結細胞
骨芽細胞(凍結細胞) 1×106cells 1本
培養用メディウム(凍結) 500mL 1本
¥105,000
OBC11
培養細胞・非凍結細胞
ICRマウス 生後2-4日 未熟頭蓋骨
骨芽細胞 25cm2フラスコ 2個
培養用メディウム 500mL 1本
¥135,000
OBC12
凍結細胞
骨芽細胞(凍結細胞) 1×106cells 1本
培養用メディウム(凍結) 500mL 1本
¥75,000
 
ヒト由来初代培養細胞(海外メーカー別)はこちらをご覧ください
  ScienCell research laboratories社製品 Cellular Engineering Technologies社製品 DV Biologics社製品  

本製品(OBC01,OBC11)は、骨片から遊走した細胞を継代(第2継代)した骨芽細胞と培養用メディウムの組み合わせになります。
OBC02は、骨片から遊走した細胞を継代(第2もしくは第3継代)した骨芽細胞(凍結細胞)と培養用メディウムの組み合わせになります。
 
OBC01マニュアルはこちら OBC02マニュアルはこちら
OBC11マニュアルはこちら OBC12マニュアルはこちら
   
本キットを使用した論文はこちら
オプション
コード 品名 容量 価格
OBCM 骨芽細胞 培養用メディウム
500mL 1本
¥27,500
骨芽細胞を培養できるように成分調整を行った、血清入り培地です。
※培養用メディウム中にβ-グリセロフォスフェイトは含まれていません
製品特性/用途 調製方法
骨代謝研究の骨形成能に関する実験
未熟頭蓋骨片より遊走法で得られた細胞
FAQ(よくある質問と答え)
Q. 継代は可能ですか?
A. 継代回数は、アルカリフォスファターゼ活性染色の評価より少なくとも2回まで可能である事を確認しております。
その他のFAQ(よくある質問と答え)
破骨細胞培養キット
軟骨細胞培養キット
骨芽細胞培養キット
骨髄細胞培養キット
骨髄単球培養キット(ラット)
骨形成培養キット
石灰化染色キット
アルカリホスファターゼ染色キット
TRAP染色キット
簡易型・酸性ムコ多糖定量キット
ゼラチンザイモ電気泳動キット
MMPマーカー
DNA定量キット
Stains Allゲル染色キット
コラーゲン定量キット
I型コラゲナーゼアッセイキット
エラスチン抗糖化アッセイキット
骨・軟骨・歯関連全リスト
脂肪組織関連 骨・軟骨・歯関連 膵臓関連
肝機能関連 筋組織関連 循環器関連
マクロファージ関連 皮膚関連 腫瘍細胞株関連
間葉系幹細胞 老化/糖化関連キット <特徴と用途> 細胞輸送
その他ツール    
       
 
輸入細胞販売事業
 
       
 
セルアッセイ事業:創薬支援。食品成分の機能性評価。細胞動画撮影
 
         
   
       
  Copyright COSMO BIO co.,ltd. All rights reserved.